コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袴田里見 はかまだ さとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

袴田里見 はかまだ-さとみ

1904-1990 昭和時代の社会運動家。
明治37年8月11日生まれ。大正13年東京合同労組にはいる。翌年モスクワに留学。帰国後,宮本顕治らと共産党再建につとめる。昭和10年スパイ査問事件で検挙され,20年出獄。45年共産党副委員長となるが,のち除名された。平成2年5月10日死去。85歳。青森県出身。著作に「獄中日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の袴田里見の言及

【生産管理闘争】より

…(1)まず徳田球一(《赤旗》1945年11月7日)は,〈労働者による産業管理〉について,〈死にする困窮から脱する〉ために,〈資本家の(生産)サボを克服する〉ために,不可避な方法であると主張する。(2)これに対して袴田里見(《赤旗》同前)は,横断的産業別組合結成への過渡的組織としての〈工場委員会〉が追求すべき〈任務〉は,〈工場管理に参加〉することにあるとし,〈工場管理を行ふ〉ことは〈一時的〉なもので〈常道ではない〉とした。すなわち,生産管理闘争は,〈馘首反対〉〈賃下げ反対〉〈工場管理に参加〉を要求するための争議手段として位置づけられていたのである。…

※「袴田里見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袴田里見の関連キーワード寺尾 とし昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android