装甲列車14-69(読み)そうこうれっしゃいちよんろくきゅう(英語表記)Bronepoezd No.14-69

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

装甲列車14-69
そうこうれっしゃいちよんろくきゅう
Bronepoezd No.14-69

ソ連の作家 V.イワーノフの小説。 1921~22年発表。 A.ファジェーエフの『壊滅』と並んで,反革命軍と英雄的に戦ったパルチザンの闘争を描いた代表的作品。極東に起った革命を鎮圧するために,白衛軍は装甲列車 14-69を派遣する。ボルシェビキ組織からこの列車の破壊指令を受けた農民パルチザンたちが,死を賭して任務を遂行する。白衛軍側の人間の空虚感,敗北感と対照的に,パルチザン農民の楽天的な英雄主義,根強い闘志がみごとに示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android