コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

装甲貫徹弾 そうこうかんてつだんarmour-piercing projectile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

装甲貫徹弾
そうこうかんてつだん
armour-piercing projectile

装甲板を貫通するためにつくられた弾丸。徹甲弾と穿甲弾がある。徹甲弾は,命中時に変形,自爆しないよう,装甲板を貫通する被帽内側の弾頭部に肉厚で硬質の特殊鋼を使用しており,炸薬量は少いが,弾速は速い。穿甲弾は弾体が弱く,速度が遅いが,装甲板に衝突した際に炸薬が高温,高圧ガスを吹きつけることによって貫通,爆発するので,初速の小さい火砲で使える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

装甲貫徹弾の関連キーワード劣化ウラン対戦車砲滑腔砲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android