裏白蓼(読み)ウラジロタデ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

裏白蓼 (ウラジロタデ)

学名:Pleuropteropyrum weyrichii
植物。タデ科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うらじろ‐たで【裏白蓼】

〘名〙 タデ科の多年草。中部以北の高山帯に生える。高さ三〇~一〇〇センチメートル。葉は短い柄を持ち、長さ一〇~二〇センチメートルの先のとがった広卵形で、表面に短毛があり裏面には淡褐色の毛が密生する。夏、茎の頂や葉腋(ようえき)に黄白色の小花が円錐形に密集してつく。けいはたで。うらじろいたどり。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android