補極(読み)ほきょく(英語表記)interpole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補極
ほきょく
interpole

直流機において整流をよくするために,N極とS極の間におく磁極。直流機では電機子電流による起磁力のため磁界分布がひずみ,整流に支障があるため,整流を改善する目的で,小容量の機械ではブラシを移動することが行われるが,それ以外の直流機ではほとんどが補極を設ける。これで十分でない大型機ではさらに補償巻線を設ける場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android