コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補欠分子族

栄養・生化学辞典の解説

補欠分子族

 酵素の活性に不可欠な非タンパク質性の物質で,通常タンパク質部分と共有結合などで強く結合しており,透析などで除去できないもの.脂質,糖,金属イオン,リン酸,補酵素,色素などがある.シトクロムcのヘムやコハク酸デヒドロゲナーゼのFADなど.酵素以外のタンパク質についても拡大していうことがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の補欠分子族の言及

【補酵素】より

…酵素の活性発現のためには,タンパク質以外の分子が,可逆的にタンパク質成分に結合することが必要条件とされるものが少なくない。それらの分子を補欠分子族prosthetic group,または配合団と呼ぶが,金属原子,各種の無機アニオン,カチオンなどを除き,有機分子として作用するものを補酵素と呼ぶ。補酵素を解離させた残りのタンパク質部分をアポ酵素apoenzyme,アポ酵素に補酵素が結合したものをホロ酵素holoenzymeと呼ぶ。…

※「補欠分子族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android