複動機関(読み)フクドウキカン

大辞林 第三版の解説

ふくどうきかん【複動機関】

往復するピストンの両面に交互に圧力をかけて動かす蒸気機関や内燃機関。 ⇔ 単動機関

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の複動機関の言及

【蒸気機関】より


[分類]
 蒸気機関は種々の観点から多くの形式に分類される。蒸気のシリンダーへの供給方法によって分けると,ピストンの一方の面にだけ蒸気を供給する単動機関と,一般に用いられる形式の,ピストンの両側に蒸気を供給する複動機関とになる。仕事をした蒸気,すなわち排気の圧力によると,大気中に排出する不凝機関と復水器中に排出する復水機関とになる。…

※「複動機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android