コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合卵 ふくごうらん composite egg

1件 の用語解説(複合卵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合卵
ふくごうらん
composite egg

合成卵ともいう。1つの卵が,卵細胞のほかに卵黄細胞を含んでいるもの。卵細胞自身の中に卵黄を有する単一卵に対する。扁形動物のうち三岐腸類を除く渦虫類の大多数および吸虫類,条虫類の卵は,中央に卵細胞がありそれを囲んで卵黄細胞があって,これが1個の卵殻で包まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の複合卵の言及

【ウズムシ(渦虫)】より

…生殖器官は他の器官と比較して著しく複雑化していて,一般に多くの精巣と1~2個の卵巣をもっている。無腸類と多岐腸類とはふつうの卵の形の単一卵を産むが,他の類は複合卵(合成卵)をつくる。複合卵とは卵腺でつくられた卵細胞と卵黄腺でつくられた卵黄とがそれぞれの輸管を通って成卵腔に達し,1個の卵細胞と数個の卵黄細胞とが一塊になって周囲に卵殻をつくったものである。…

※「複合卵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

複合卵の関連キーワード助細胞卵細胞ヘルパーT細胞細胞外マトリックス細胞系小グリア細胞神経節膠細胞胚細胞メルケル細胞受精 (fertilization)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone