渦虫類(読み)うずむしるい(英語表記)Turbellaria; turbellarian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渦虫類
うずむしるい
Turbellaria; turbellarian

扁形動物門渦虫綱に属する種類の総称。体は一般に扁平で,体表面は繊毛でおおわれ,は体前方から中央の間に開いている。は,無腸のもの,嚢状のもの,3方向に分岐するもの,多数に分岐するものなどさまざまで,これが分類基準の一つにもなっている。雌雄同体海産のものはミュラー幼生をもつが,淡水陸産のものは幼生期をもたない。一般に自由生活をしているが,寄生性のものもある。世界に約 1600種が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うずむし‐るい〔うづむし‐〕【渦虫類】

渦虫綱に属する扁形動物の総称。体は楕円形・ひも形などで背腹は平たく、軟らかい。表面は繊毛に覆われる。口は腹面の中央近くにあり、肛門はない。肉食性ナミウズムシ・ツノヒラムシ・クロイロコウガイビルなど。

かちゅう‐るい〔クワチユウ‐〕【渦虫類】

うずむしるい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うずむしるい【渦虫類】

扁形動物渦虫綱の総称。一般には体は扁平で細長く、体表に繊毛があり、前端は広がって三角形状の頭となり、一対の目をもつ。日本各地の淡海水域や湿地に多種生息する。コウガイビル・プラナリアなど。

かちゅうるい【渦虫類】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うずむし‐るい うづむし‥【渦虫類】

〘名〙 扁形動物門の一綱。体は扁平で柔らかく、表面は繊毛で覆われている。口は体の前端から後端までの腹面のいろいろな位置にあり、食物をとるときは円筒形(ふん)を突き出す。腸は樹枝状に枝分かれするが、先端は袋状で特別な肛門はない。不消化物は腸から再び口にもどり、外にはき出される。ごく少数のものには腸がなく、食物は直接、体の組織の中にとり入れられる。大部分が雌雄同体で、有性生殖と無性生殖を行なう。再生力が強い。海、淡水または陸上で自由生活をするが、一部のものは寄生生活をしている。プラナリア、ヒラムシ、コウガイビルなど。

かちゅう‐るい クヮチュウ‥【渦虫類】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android