複巻直流機(読み)ふくまきちょくりゅうき(英語表記)compound wound DC machine

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

複巻直流機
ふくまきちょくりゅうき
compound wound DC machine

巻線界磁の直流機において界磁が電機子巻線と並列接続されたものと直列接続されたものの両者で構成されているもの。「ふっけんちょくりゅうき」とも読む。前者は電機子に並列に結ばれ、その電流は少なく、巻数が多い。後者は電機子に直列に結ばれ、電流は電機子の電流そのものが流され、巻数は数回程度しか巻いていない。巻線の方法から区別すると、二つの界磁巻線によって生ずる磁束が、同じ向きになるようにしたものを和動複巻、逆向きになるようにしたものを差動複巻という。実際に使われていたのはほとんどが和動複巻である。和動複巻電動機は、分巻(ぶんまき)電動機と直巻(ちょくまき)電動機の中間の特性となる。すなわち始動トルク(始動時の回転力)が分巻電動機より大きく、また負荷が変化したときの速度変動も分巻電動機より大きい。
 定電圧電源で運転し、速度制御は分巻界磁回路に直列に入れた界磁調整器によって行うので、制御範囲は分巻電動機なみで、比較的狭い。交流電動機をパワーエレクトロニクスにより駆動することが一般的になったため、複巻直流機はあまり使われなくなった。[磯部直吉・森本雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android