巻数(読み)カンジュ

デジタル大辞泉の解説

かん‐じゅ〔クワン‐〕【巻数】

僧が願主の依頼で読誦(どくじゅ)した経文・陀羅尼(だらに)などの題目・巻数・度数などを記した文書または目録。木の枝などにつけて願主に送る。神道にもとりいれられ、祈祷師は中臣祓(なかとみのはらえ)を読んだ度数を記し、願主に送った。かんず。

かん‐ず〔クワン‐〕【巻数】

かんじゅ(巻数)

かん‐すう〔クワン‐〕【巻数】

全集・選集など、ひとまとまりの書物の冊数。
巻いてある映画のフィルムや録音テープの数。
絵巻物や経巻の数。→巻(かん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんず【巻数】

〈かんじゅ〉ともいう。寺や僧侶,行者が読誦した経典や陀羅尼の数を記録した文書。貴族や領主などがとくに寺に依頼して読んでもらう場合と,年中恒例となっている場合とがあるが,これには米穀金品荘園などの寄進という反対給付がついている場合が多い。平安時代から日常化していた。また中世武家時代に入っても,祈禱寺院に武運長久や怨敵退散を祈らしめて,そのしるしに巻数を献上させている。これを見て願主は安堵し,寺は恩賞を期待したのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんじゅ【巻数】

僧が願主の依頼で読誦どくじゆした経典や陀羅尼だらにの目録や度数を記して願主に送る文書。かんず。 「寺僧-を捧げて来たれり/太平記 6
にならって、神官が中臣なかとみの祓はらえの回数を記して願主に送った札。

かんすう【巻数】

〔古く書物が巻物であったところから〕 あるまとまった書物の冊数。
映画フィルムや録音・録画テープの本数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

巻数

(1)セットもの,逐次刊行物などの個々の巻に割り当てられた番号など.書誌的なまとまりをなす資料のある巻と他の巻を区別するために付けた番号である.この番号を用いて「巻次」が表現される.(2)「巻」の単位によって計られた,ある資料群全体の数量.形態的な単位で計る場合の「冊数」と区別されるが,両者の区別が曖昧な場合も多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐じゅ クヮン‥【巻数】

〘名〙 仏語。僧が願主の依頼に応じて読誦した経文、陀羅尼などの題名や度数をしるして願主に送った文書。後世には短冊形の紙にしるし、木の枝などにつけて送った。転じて、神官の中臣祓の度数をしるしたものにもいう。かんず。
※粉河寺文書‐正暦二年(991)一一月二八日「就中奉祈国王聖朝宝祚、献上年中両度御巻数」
※源氏(1001‐14頃)若菜上「忍びてはべし御祈りの巻数、又、まだしき願などの侍りけるを」

かん‐ず クヮン‥【巻数】

※枕(10C終)一三八「手洗ひて『いで、その昨日のくゎんず』とて、請(こ)ひ出でて、伏し拝みてあけたれば」

かん‐すう クヮン‥【巻数】

〘名〙
巻物の数。
② 全集・叢書など、まとまった書物の冊数。
※教部省達第二八号‐明治七年(1874)六月二九日「但本文神社取調に付巻数有之書類逓送賃は当省より可下渡」
映画フィルムなどを巻いて、一巻としたものの数。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巻数の関連情報