コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻数 カンジュ

7件 の用語解説(巻数の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐じゅ〔クワン‐〕【巻数】

僧が願主の依頼で読誦(どくじゅ)した経文・陀羅尼(だらに)などの題目・巻数・度数などを記した文書または目録。木の枝などにつけて願主に送る。神道にもとりいれられ、祈祷師は中臣祓(なかとみのはらえ)を読んだ度数を記し、願主に送った。かんず。

かん‐ず〔クワン‐〕【巻数】

かんじゅ(巻数)

かん‐すう〔クワン‐〕【巻数】

全集・選集など、ひとまとまりの書物の冊数。
巻いてある映画のフィルムや録音テープの数。
絵巻物や経巻の数。→巻(かん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんず【巻数】

〈かんじゅ〉ともいう。寺や僧侶,行者が読誦した経典や陀羅尼の数を記録した文書。貴族や領主などがとくに寺に依頼して読んでもらう場合と,年中恒例となっている場合とがあるが,これには米穀や金品,荘園などの寄進という反対給付がついている場合が多い。平安時代から日常化していた。また中世武家時代に入っても,祈禱寺院に武運長久や怨敵退散を祈らしめて,そのしるしに巻数を献上させている。これを見て願主は安堵し,寺は恩賞を期待したのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんじゅ【巻数】

僧が願主の依頼で読誦どくじゆした経典や陀羅尼だらにの目録や度数を記して願主に送る文書。かんず。 「寺僧-を捧げて来たれり/太平記 6
にならって、神官が中臣なかとみの祓はらえの回数を記して願主に送った札。

かんすう【巻数】

〔古く書物が巻物であったところから〕 あるまとまった書物の冊数。
映画フィルムや録音・録画テープの本数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

巻数

(1)セットもの逐次刊行物などの個々の巻に割り当てられた番号など.書誌的なまとまりをなす資料のある巻と他の巻を区別するために付けた番号である.この番号を用いて「巻次」が表現される.(2)「巻」の単位によって計られた,ある資料群全体の数量.形態的な単位で計る場合の「冊数」と区別されるが,両者の区別が曖昧な場合も多い.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻数の関連キーワード隠者文学不受不施派干珠行者堂斎米春日野饅頭参頭行者授職禅侶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巻数の関連情報