コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複数政党制民主主義運動 ふくすうせいとうせいみんしゅしゅぎうんどうMovement for Multiparty Democracy; MMD

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複数政党制民主主義運動
ふくすうせいとうせいみんしゅしゅぎうんどう
Movement for Multiparty Democracy; MMD

複数政党制を主張し,1990年7月に結成されたザンビアの組織 (12月に政党となった) 。 64年の独立以来続いた統一民族独立党 (UNIP) のカウンダ政権に対し,ザンビア労働組合会議 (ZCTU) ,実業家,学生,教会関係者などが結集した。 91年8月複数政党制が認められ 10月に選挙が行われた結果,UNIPは惨敗し MMDが圧勝した。大統領選挙でも ZCTUのチルバ書記長が大差でカウンダを敗り新大統領になった。しかし 92年 MMDの党内批判勢力が国民統一会議 (CNU) を結成するなど政権の基盤は脆弱といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android