コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複数政党制民主主義運動 ふくすうせいとうせいみんしゅしゅぎうんどうMovement for Multiparty Democracy; MMD

1件 の用語解説(複数政党制民主主義運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複数政党制民主主義運動
ふくすうせいとうせいみんしゅしゅぎうんどう
Movement for Multiparty Democracy; MMD

複数政党制を主張し,1990年7月に結成されたザンビアの組織 (12月に政党となった) 。 64年の独立以来続いた統一民族独立党 (UNIP) のカウンダ政権に対し,ザンビア労働組合会議 (ZCTU) ,実業家,学生,教会関係者などが結集した。 91年8月複数政党制が認められ 10月に選挙が行われた結果,UNIPは惨敗し MMDが圧勝した。大統領選挙でも ZCTUのチルバ書記長が大差でカウンダを敗り新大統領になった。しかし 92年 MMDの党内批判勢力が国民統一会議 (CNU) を結成するなど政権の基盤は脆弱といえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

複数政党制民主主義運動の関連キーワード印僑海部俊樹内閣ドイツ統一女性労働中国脅威論牧瀬里穂田中里衣悪魔くん花卉園芸客船

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone