襠高袴(読み)マチダカバカマ

  • ×襠高×袴

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 袴腰の中央から内股までの襠(まち)が高く、踏み込みの深い袴。多く乗馬用とする。うまのりばかま。まちだか。
※歌舞伎・四十七石忠矢計(十二時忠臣蔵)(1871)九幕「向うより小林平八郎稽古着、まち高袴(ダカバカマ)、上へ模様ものの女小袖を引かけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の襠高袴の言及

【袴】より

…前後両部からなり,下部は左右に分かれて筒状に縫い合わされ,ここに両足を通し,上部につけられたひもを結んで着装する。山袴のように布幅の少ないものはズボン状をなすが,襠高(まちだか)袴のように布幅の多いものはきわめて緩やかで,行灯(あんどん)袴のようにスカート状のものもある。〈婆加摩(はかま)〉の語は早く《日本書紀》に見え,また袴,褌の文字もすでに《古事記》《日本書紀》に用いられている。…

※「襠高袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android