コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襠高袴 マチダカバカマ

デジタル大辞泉の解説

まちだか‐ばかま【×襠高×袴】

男子が羽織とともに正装に用いる、を高く仕立てた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まちだかばかま【襠高袴】

襠を高い位置につけ動きやすいように仕立てた袴。多く乗馬用。のち、武士の平服の袴となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の襠高袴の言及

【袴】より

…前後両部からなり,下部は左右に分かれて筒状に縫い合わされ,ここに両足を通し,上部につけられたひもを結んで着装する。山袴のように布幅の少ないものはズボン状をなすが,襠高(まちだか)袴のように布幅の多いものはきわめて緩やかで,行灯(あんどん)袴のようにスカート状のものもある。〈婆加摩(はかま)〉の語は早く《日本書紀》に見え,また袴,褌の文字もすでに《古事記》《日本書紀》に用いられている。…

※「襠高袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

襠高袴の関連キーワード男子襠高武士平服