コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西スラブ人 にしスラブじんWest Slav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西スラブ人
にしスラブじん
West Slav

ポーランド,チェコスロバキア,旧ソ連地域の一部などに居住するスラブ人の西方支族。ポーランド人,チェコ人スロバキア人ソルブ人を含む。総人口は 5000万以上で,言語的にも,地域的にも偏差が多い。言語はインド=ヨーロッパ語族スラブ語派に属し,ポーランド語,チェコ語,スロバキア語などに分れる。形質的には,コーカソイドに属し,頭型は短頭である。民族起源に関しては諸説があるが,オーデル川流域に形成された原スラブ人から紀元前後から4世紀頃に独立したと考えられる。伝統的な生業は,ライムギ,コムギ,オオムギカラスムギなどの農耕生活を中心として強い定住性を示し,東から移動してきた遊牧民族をほぼ同化してきた。伝統的に火葬と自然崇拝が行われ,現在はカトリックを信仰しているが,民間信仰も残っている。文字はラテン文字を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

西スラブ人の関連キーワードモラビア(チェコ)チェコスロバキア史古代教会スラブ語チェコスロバキアプシェミスル朝ブラチスラバスワトプルクポーランド史大モラビア国ウェンド人スラブ神話ザドルーガポメラニアサモ王国ボヘミアロシア語東欧史プラハ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android