コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西セム音節文字 にしセムおんせつもじWest Semitic syllabaries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西セム音節文字
にしセムおんせつもじ
West Semitic syllabaries

セム語族のうち,アッカド語以外の諸言語に用いられたさまざまの文字。フェニキア文字ヘブライ文字,アラム文字,アラビア文字など。前2千年紀中期に発達しはじめた。本来,子音字だけであったが,紀元後には母音字もできはじめた。なお,これらの文字体系を音節文字とは認めず,アルファベットと考える学者も多い。 (→セム文字 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android