西光 万吉(読み)サイコウ マンキチ

20世紀日本人名事典の解説

西光 万吉
サイコウ マンキチ

大正・昭和期の社会運動家,部落解放運動家,農民運動家,劇作家 全国水平社創立者。



生年
明治28(1895)年4月17日

没年
昭和45(1970)年3月20日

出生地
奈良県南葛城郡掖上村柏原北方(現・御所市)

本名
清原 一隆

主な受賞名〔年〕
二科展入選(2回)

経歴
真宗本願寺派の寺の住職の子として生まれる。部落差別のために中学を中退。上京して明治45年太平洋画会研究所に入り、二科展にも2回入選するが、これも断念して帰郷。大正9年日本社会主義同盟に加入。11年全国水平社創立大会で“水平社宣言”を起草。15年労働農民党の結成に参加し中央委員、昭和2年日本共産党に入党。3年3.15事件で検挙され、獄中で転向。8年仮釈放後は国家社会主義の立場から活動した。15年より和歌山県の打田町に移り住む。戦後は原水爆禁止を訴え独自の“国際和栄政策”を唱えた。劇作家としても活躍し、「〓琉璃(ビルリ)王」「浄火」「天誅組」などを発表し、大正13年「新民衆劇脚本集」を刊行。他に「不戦日本の自衛」「西光万吉著作集」(全4巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

西光 万吉 (さいこう まんきち)

生年月日:1895年4月17日
大正時代;昭和時代の社会運動家;劇作家
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android