西原 一策(読み)ニシハラ イッサク

20世紀日本人名事典の解説

西原 一策
ニシハラ イッサク

明治〜昭和期の陸軍中将 仏印派遣監視委員会団長。



生年
明治26(1893)年4月18日

没年
昭和20(1945)年1月23日

出生地
広島県

学歴〔年〕
陸士(第25期)〔大正2年〕卒,陸大〔大正11年〕卒

経歴
昭和15年、日本の仏印進駐に当たって派遣された西原機関(仏印派遣監視委員会)の長として活躍。その使命は、仏印を通過する日本軍のための補給と飛行場使用にあったが、西原・マルタン協定を結ぶことで成功した。陸大卒業後、昭和2年フランス駐在。6年ジュネーブ会議代表随員、10年騎兵第1連隊長、12年参謀本部課長、同年8月上海派遣軍参謀、15年大本営参謀(仏印監視委団長)、15年騎兵学校長、16年騎兵集団長、同年中将、17年戦車第3師団長、19年機甲本部長などを歴任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

西原 一策 (にしはら いっさく)

生年月日:1893年4月18日
明治時代-昭和時代の陸軍軍人。中将
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android