コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏印 フツイン

大辞林 第三版の解説

ふついん【仏印】

フランス領インドシナの略称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仏印の言及

【フランス領インドシナ】より

…1887‐1945年,ラオス,カンボジア,ベトナムなどの地域に置かれたフランス領とフランス保護領からなる連邦組織の総称。日本では仏印と略称した。
[成立]
 第二帝政下のフランスは,宣教師殺害事件を口実に1858年ベトナムに侵攻し,62年のサイゴン条約によって南部ベトナムの東3省を奪い,67年には実質的に西3省を併合した。…

※「仏印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仏印の関連キーワードベトナムと太平洋戦争資産凍結[在米日本]ゲティン・ソビエトピエール ブールソン・ゴク・タン三宅正太郎(2)ABCD包囲陣ABCDライン三・九クーデタ飯田 祥二郎米内光政内閣バクソン蜂起南部仏印進駐大東亜共栄圏ハル・ノート北部仏印進駐西原 一策安藤 利吉各国の空母援蒋ルート

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏印の関連情報