コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山遺事 せいざんいじ

世界大百科事典 第2版の解説

せいざんいじ【西山遺事】

水戸藩2代藩主徳川光圀の言行録。光圀に仕えた三木之幹,宮田清貞,牧野和高の3人が,光圀の没した翌1701年(元禄14)に編集。5巻。一名《桃源遺事》。逸話を豊富に盛り込んでいるだけでなく,本書だけが伝える事跡も多く,光圀の伝記史料としてすこぶる価値が高い。和文で書かれているため光圀の伝記中では最も広く流布し,後世の光圀像の形成に大きな影響を及ぼした点でも重要である。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西山遺事の関連キーワード安積澹泊

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android