コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山遺事 せいざんいじ

1件 の用語解説(西山遺事の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいざんいじ【西山遺事】

水戸藩2代藩主徳川光圀の言行録。光圀に仕えた三木之幹,宮田清貞,牧野和高の3人が,光圀の没した翌1701年(元禄14)に編集。5巻。一名《桃源遺事》。逸話を豊富に盛り込んでいるだけでなく,本書だけが伝える事跡も多く,光圀の伝記史料としてすこぶる価値が高い。和文で書かれているため光圀の伝記中では最も広く流布し,後世の光圀像の形成に大きな影響を及ぼした点でも重要である。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西山遺事の関連キーワード彰考館水戸学言行録西山荘井上玄桐神代鶴洞中村義竹中山信正蘭山道昶本格いも焼酎漫遊記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone