コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西式健康法 にししきけんこうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西式健康法
にししきけんこうほう

1927年に西勝造 (1884~1959年) によって創始されたもの。運動療法食事療法物理療法などを組み合わせてある。公表当時,西は東京市役所の土木技師であったので,人体に対する考え方も力学的観点からきている。運動療法は「6大法則」と呼ばれるもので,主として背骨のゆがみを矯正し,毛細血管の循環を促して,病気の予防・治療をしようとするもの。以下の6種のものである。 (1) 平床寝台利用。 (2) 硬枕 (半円筒形の木枕) 利用。 (3) 金魚運動──仰臥して金魚が泳ぐときのように身体をくねらせる。 (4) 毛細管作用発現法──仰臥して手足を心臓より上にあげて,細かく振動させる。 (5) 合掌合蹠 (せき) 法──手掌と足の裏を合わせて前後に動かす。 (6) 背腹運動──背と腹を同時に動かしながら健康になることを念じる。この前に 11種の準備体操がある。以上のものを,毎日朝夕2回約3年間実行すると,健康で長寿が得られるとする。食事療法としては,生水・柿葉の飲用,生食療法などを行なう。物理療法には,はだか療法,温冷浴などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

西式健康法の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎エレクトロニクス史(年表)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android