西村早生

デジタル大辞泉プラスの解説

西村早生

岐阜県揖斐郡大野町で生産されるカキ。不完全甘柿。やや小ぶりで、果肉は硬めで果汁は少ない。1953年、滋賀県大津市の西村弥蔵氏の農園で発見された品種。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

西村早生[果樹類]
にしむらわせ

近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
主に高島市などで生産されている。滋賀県で生まれて全国で栽培されるようになった数少ない滋賀県生まれの柿の品種。滋賀県大津市坂本の西村弥蔵の柿園内に富有柿と赤柿の自然交雑によって生じたという。1960(昭和35)年に発見者の名前をとって西村早生と登録された。9月下旬から10月上旬に収穫され、甘柿のなかでは最も早く収穫期を迎える。完全な甘柿ではなく生育条件により渋が残ることもある。果肉は固めで、さっぱりとした甘みがある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android