コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西谷村又兵衛 にしたにむら またべえ

2件 の用語解説(西谷村又兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西谷村又兵衛 にしたにむら-またべえ

?-1821* 江戸時代後期の農民。
大和西谷村(奈良県吉野町)の住人。竜門騒動とよばれる百姓一揆(いっき)の指導者のひとり。文政元年旗本中坊氏領竜門郷の代官浜島清兵衛の増税に対し,同村の源八とともに強訴をよびかけ,代官所をおそって浜島を殺した。翌年捕らえられ,3年12月処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西谷村又兵衛

没年:文政3(1820)
生年:生年不詳
文政1(1818)年12月,大和国吉野郡竜門郷で起きた一揆指導者のひとり。吉野郡西谷村(奈良県吉野町)の住人。竜門郷15カ村は旗本中坊氏の領知であったが,同年12月代官浜島清が現地に赴き年貢の増徴を強行しようとしたため,又兵衛は同村源八と語らい張札をして人を集め,15日夜,寺の鐘を合図に平尾村の代官所に押しかけ打ちこわし,さらに大庄屋宅を打ちこわした。この騒ぎのなかで浜島は,村人によって殺害された。その後又兵衛は奈良奉行所の手で捕らえられ,吟味,奈良市中引き回しのうえ,獄門の極刑に処せられた。同地の手毬歌の中に「又兵衛さん」として歌い込まれた。<参考文献>『吉野町史』

(藪田貫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西谷村又兵衛の関連キーワード久米仙人文政大和国家大和路大和島和ら紙下市権左衛門忠義王橋本若狭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone