コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜島 はまじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜島
はまじま

三重県志摩半島南部の地区。旧町名。 1919年町制。 2004年 10月,大王町,志摩町,阿児町,磯部町と合併し,志摩市となる。町名は古代以来の通称による。西に開く英虞 (あご) 湾口の北に位置し,支湾の浜島港は古くから熊野灘廻船の避難港,風待ち港として知られた。アワビ,サザエ,テングサ採取などの沿岸漁業のほか,真珠,タイなどの養殖業,造船業,水産加工業が立地。メロンの集団栽培も行なわれる。奥志摩観光の拠点の一つで,浜島古墳や大規模レジャー施設合歓の郷がある。全域が伊勢志摩国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜島
はまじま

三重県中東部、志摩(しま)郡にあった旧町名(浜島町(ちょう))。現在は志摩市の南西部を占める一地区。1919年(大正8)町制施行。2004年(平成16)大王(だいおう)町、志摩町、阿児(あご)町、磯部(いそべ)町と合併、市制施行して志摩市となる。旧町域は、志摩半島南東部、英虞(あご)湾北岸に位置し、国道260号が通じる。浜島港は天然の良港で、かつては遠洋漁業の基地であり、造船業なども発達したが、現在は湾内の真珠、タイなどの養殖漁業と観光が主産業。県の水産研究所、栽培漁業センターがある。また暖地性農業が行われ、集団栽培による南張(なんばり)メロンなどを特産する。全域が伊勢志摩(いせしま)国立公園に属し、温暖な気候とリアス式海岸に臨む隆起海食台の景観に恵まれ、別荘地、ゴルフ場などの観光開発が進んでいる。音楽中心の総合レジャーランド「合歓の郷(ねむのさと)」があり、サーフィン、海水浴の適地で、温泉館もある。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浜島の関連キーワード小浜島の盆、結願祭、種子取祭の芸能沖縄県八重山郡竹富町小浜志摩(三重県の地名)ホシガレイ(星鰈)西表石垣国立公園大王(三重県)西表国立公園三重県志摩市西谷村又兵衛日本駄右衛門KBG84竹富[町]八重山列島日本左衛門志摩(市)浜島[町]志摩[市]海底軍艦竜門騒動渡辺政香

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜島の関連情報