コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要塞砲 ようさいほうfortress gun

2件 の用語解説(要塞砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

要塞砲
ようさいほう
fortress gun

重砲の一種。砲架を要塞,トーチカなどに固定して据付けたもので,機動性はないが大口径で長距離砲撃を可能にした砲。旧日本軍の要塞砲の基準火砲は,明治期では 28cm榴弾砲 (最大射程 7900m) ,24cmカノン砲 (最大射程1万 4900m) などであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の要塞砲の言及

【大砲】より

…17~18世紀には大砲の構造の統一・画一化が推進された。この時期に山砲,野砲,要塞砲等の使用目的による区別が生まれ,砲身長と弾道に応じてカノン(加農),榴弾,臼砲の基本的分類がはじめてなされた(図2)。19世紀後半になって,14世紀以来の弾丸を砲口から装塡する前装式滑腔砲から後送式旋条砲に改革された。…

※「要塞砲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

要塞砲の関連情報