コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野砲 やほうfield gun

翻訳|field gun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野砲
やほう
field gun

野戦砲とも呼ばれる。野戦に使われるすべての火砲。要塞砲,海岸砲のように固定されて使われる砲と区別され,移動性を特徴とする。大砲を装輪砲架に載せ馬で引かせるようにしたのは,15世紀フランスのシャルル8世で,この馬曳砲兵の威力でもって,彼はナポリ征服戦争に成功し,歩兵騎兵と対応する野砲が生れた。これをさらに近代化したのはスウェーデンのグスタフ・アドルフ (グスタフ2世 ) で,彼は野砲を 24ポンド,12ポンド,3ポンドの3種類に統一し,装薬も規格化し,戦場でこれらの野砲を大量,集中的に使用した。歩兵,騎兵,野戦砲兵を総合的に駆使する近代戦術がここに誕生した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

や‐ほう〔‐ハウ〕【野砲】

野戦用の大砲の一。一般に、歩兵支援用の口径75~105ミリの榴弾砲をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

野砲【やほう】

野戦部隊の主火砲。歩兵と協同して戦闘することが多いので,動きが軽快で,多数の弾薬をもち,長射程で,発射速度の大きいことなどが要求される。カノン砲の一種で,口径7〜8cm,弾量6〜7km,最大射程は8000〜1万5000m。
→関連項目高射砲大砲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やほう【野砲】

野戦用の大砲。機動性があり、射撃速度が大きい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の野砲の言及

【大砲】より

…17~18世紀には大砲の構造の統一・画一化が推進された。この時期に山砲,野砲,要塞砲等の使用目的による区別が生まれ,砲身長と弾道に応じてカノン(加農),榴弾,臼砲の基本的分類がはじめてなされた(図2)。19世紀後半になって,14世紀以来の弾丸を砲口から装塡する前装式滑腔砲から後送式旋条砲に改革された。…

※「野砲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野砲の関連キーワードゲティスバーグ会戦アームストロング原口 初太郎田村 沖之甫陸軍第六師団小林 順一郎中島 今朝吾坂西 利八郎木村 兵太郎岡部 直三郎田村沖之甫兼松 習吉内山小二郎足立 愛蔵ラングロア今村 方策溝口 直亮桑木 崇明コレオーニ中島今朝吾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野砲の関連情報