コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要素代替投資 ようそだいたいとうしinvestment in the substitution of production factors

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

要素代替投資
ようそだいたいとうし
investment in the substitution of production factors

労働,エネルギーといった経済要素から資本への代替を促す設備投資のこと。一般に労働から資本への代替投資を省力化投資,エネルギーから資本への代替投資を省エネ投資と呼ぶ。企業など供給側の経済主体は労働,エネルギー資源,資本設備といった生産要素を最適に結合し生産活動を行なっている。何らかの原因である生産要素の調達に制約が生じると,相対価格の変化を通じてこの組み合わせに変化が生じる。 1980年代初期は,原油価格危機による原油高騰がエネルギーから設備への要素代替につながり,80年代末は,好景気による人手不足が労働から設備への要素代替につながっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone