見上(読み)みあげ

精選版 日本国語大辞典「見上」の解説

み‐あげ【見上】

〘名〙
① 見上げること。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「の油気も無い束ね髪、〈略〉手造の藁草履を、お高は見上げ見下しして居たが」
(かぶと)の部分の名。兜の内側で、額(ひたい)の当たるところ。目庇(まびさし)裏面見入れ。みうけ。
甲陽軍鑑(17C初)品四五「の手にてみあけの右脇、しころの、右のさきに、そと手を付そへ」

み‐あ・げる【見上】

〘他ガ下一〙 みあ・ぐ 〘他ガ下二〙
① 上の方を見る。上方仰ぎ見る
落窪(10C後)一「なにぞとて、頭もたげてみあげ給ふは」
人物力量などを称賛尊敬に値すると思う。立派だと感心する。〔日葡辞書(1603‐04)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「自己のを自白するのは中々見上げたものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android