コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見倒す ミタオス

デジタル大辞泉の解説

み‐たお・す〔‐たふす〕【見倒す】

[動サ四]
さげすんで見る。見さげる。
「かうした仕掛けでなければ大尽が―・されぬ」〈咄・御前男・三〉
思いきり安く値をつける。
「その仕舞物を―・して」〈伎・覗機関

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みたおす【見倒す】

( 動四 )
さげすんで見る。見さげる。 「下り坂と見ゆる大商人を、-・すやうにするものあり/浮世草子・新永代蔵」
品物などを非常に安く評価する。 「どんな紙屑買が-・しても奥様の価格ねうちがあるぜ/塩原多助一代記 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見倒すの関連キーワード仕舞物大尽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android