コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧善懲悪覗機関 かんぜんちょうあくのぞきからくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧善懲悪覗機関
かんぜんちょうあくのぞきからくり

歌舞伎狂言。世話物。8幕 11場。2世河竹新七 (→河竹黙阿弥 ) 作。文久2 (1862) 年初演。通称『村井長庵』。「大岡政談」で有名な極悪人村井長庵に取材。3幕目「麹町長庵住居の場」は江戸の洒脱な町人生活を描いて好評を得た。7幕目の道行に用いられる常磐津『恨葛露濡衣 (うらみくずつゆのぬれぎぬ) 』は名曲として有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぜんちょうあくのぞきからくり〔クワンゼンチヨウアクのぞきからくり〕【勧善懲悪覗機関】

歌舞伎狂言世話物。8幕。河竹黙阿弥作。文久2年(1862)江戸守田座初演。講談大岡政談」を脚色したもの。極悪非道の医者村井長庵と律義実直な手代久八を、一人二役で演じ分けるのが趣向になっている。通称「村井長庵」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜんちょうあくのぞきがらくり【勧善懲悪覗機関】

歌舞伎狂言。世話物。8幕11場。河竹黙阿弥作。1862年(文久2)閏8月江戸森田座初演。別名題《村井長庵巧破傘(むらいちようあんたくみのやれがさ)》,通称《村井長庵》。幕末の名作者河竹黙阿弥が,当時の名優4世市川小団次のために書きおろした作品。小団次は,義弟を殺し,妹を人手にかけさせる極悪非道な町医者村井長庵と,神田の質屋伊勢屋の手代で実直な善人久八の二役をつとめ,大当りをとった。村井長庵が実弟十兵衛を殺し,その妻を友人に殺させ,娘2人を吉原へ売ったという事件が起きたのは1717年(享保2)4月。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜんちょうあくのぞきからくり【勧善懲悪覗機関】

歌舞伎世話物の一。河竹黙阿弥もくあみ作。1862年、江戸守田座初演。通称「村井長庵」。極悪無比の村井長庵と篤実な久八を、小夜衣さよぎぬ・千太郎の情話をからませながら対比させて描いたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧善懲悪覗機関
かんぜんちょうあくのぞきからくり

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。8幕。通称「村井長庵(むらいちょうあん)」。河竹黙阿弥(もくあみ)作。1862年(文久2)閏(うるう)8月、江戸・森田座で4世市川小団次(こだんじ)らにより初演。享保(きょうほう)2年(1717)大岡越前守(えちぜんのかみ)の裁きで処刑されたといわれ、実録本『大岡仁政録』に収められた村井長庵の話を講談をもとに脚色。極悪非道の医者村井長庵は妹おそよの亭主重兵衛を赤羽根橋で殺して金を奪い、罪を浪人藤掛道十郎(ふじかけどうじゅうろう)になすりつけて獄死させ、手下の早乗三次(はやのりさんじ)と組んで質屋伊勢屋(いせや)をゆすったり、三次におそよを殺させたりするなど、さまざまな悪事を重ねるが、ついに召し捕られ、名奉行(ぶぎょう)大館左馬之助(おおだてさまのすけ)(大岡越前守)の裁きで服罪する。これに伊勢屋の手代久八(きゅうはち)が主家の倅(せがれ)千太郎や藤掛の妻おりよを助けて苦労する話、藤掛の娘で吉原の遊女小夜衣(さよぎぬ)と千太郎の情話などを織り込んでいる。悪に徹した人物を主役にした異色作で、じみながら作者会心の作という。初演以来、長庵と忠義いちずな久八という対照的な二役を1人で演じ分けるのが一つの趣向になっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

勧善懲悪覗機関の関連キーワード蛇の目を灰汁で洗ったよう抱き込む・抱込む踏み込む・踏込む読みと歌三尺高し住まう白浪物千太郎小夜衣手の筋突き袖腰押し弥太一情話長棒曲事小前両個

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android