コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕舞(い)物 シマイモノ

デジタル大辞泉の解説

しまい‐もの〔しまひ‐〕【仕舞(い)物】

時節はずれの品物売れ残りの品物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仕舞(い)物の言及

【仕舞屋】より

…井原西鶴の《世間胸算用(せけんむなざんよう)》(1692)に〈表面(おもてむき)は格子作りに,しまふた屋と見せて〉とあるが,商店などの立ち並ぶ商業地域内の住宅をさすことが多く,住宅地内の住宅を〈しもたや〉と呼ぶのはおかしい。なお,《嬉遊笑覧》には〈そのかみ古道具やを仕舞物(しまいもの)店といへるも身分をかへなどしたる者の家財をかひ取て売ものなり〉とあり,店じまいにともなう不用品の意味で,古道具類を〈仕舞物〉と呼ぶこともあった。【鈴木 晋一】。…

※「仕舞(い)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仕舞(い)物の関連キーワード仕舞屋見倒す

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android