見延ぶ(読み)ミノブ

デジタル大辞泉の解説

み‐の・ぶ【見延ぶ】

[動バ下二]
遠くを見る。
「目を―・べて、此の僧をいかにも思ひたる気色もなくありける」〈今昔・二〇・三九〉
流し目でじっと見る。
「見返りたる目見(まみ)、いたう―・べたれど」〈紅葉賀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みのぶ【見延ぶ】

( 動下二 )
遠くへ視線をやる。遠くを見やる。 「目を-・べて、此の僧をいかにも思ひたる気色もなくありける/今昔 20
流し目をする。気取った目つきをする。 「(顔ヲ)さし隠して、見かへりたるまみ、いたう-・べたれど/源氏 紅葉賀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android