見返婆(読み)みかえりばば

精選版 日本国語大辞典の解説

みかえり‐ばば みかへり‥【見返婆】

〘名〙 巡り神(めぐりがみ)の一種で、地元に常時まつられている神をいうのではなく、遠方から決まった時期に来訪する神で、神奈川県川崎市あたりでは一二月八日・二月八日の事八日(ことようか)に家々を訪れるという化物をいう。伊豆七島では、「みかえりばあさま」といい、早春に訪れるおそろしい神とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android