コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化物 ばけもの

百科事典マイペディアの解説

化物【ばけもの】

妖怪(ようかい)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばけもの【化物】

妖怪変化(へんげ)などの怪異なものや,その出現によって引き起こされる怪異現象。江馬務は,〈妖怪は得体の知れないふしぎなもの,変化はあるものが外観的にその正体をかえたもの〉としているが,両者を明確に分けることはできない。化物は,本来の姿を変えて別の姿を現したものであり,その正体不明性が人々に恐怖を与えた。化物には,動植物や器物の化物のほか,怪音怪火などの自然現象も含まれ,人の姿で想像される場合はたいてい女子どもや爺婆などの周縁的な存在の姿をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化物
ばけもの

化けて怪しい姿をするもの。妖怪(ようかい)とほぼ同意義で、本体のあるものが姿を変えて出現し、人に怪異の情をおこさせるもの。怪談などの主人公には狐(きつね)、狸(たぬき)、猫などが、女人や僧侶(そうりょ)の姿となって現れるのが多い。幽霊というのは人間の亡霊の化物であるが、化物には動物のほか樹木や怪火など自然現象も含まれる。たとえば、埼玉県川越(かわごえ)市の喜多院には、化物杉といわれる木があり、伐(き)ると血が出るという伝承をもつ。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の化物の言及

【妖怪】より

…こうした妖怪の両義的性格は,祭祀の有無による神と妖怪の相互変換性,人間の生活態度や信仰心のあり方,来訪してくる神や異人(遊行する宗教者や芸能者,その他の生業形態の違う人々)との交流のしかたなど,さまざまな事がらを反映して形成されている。化物幽霊【小松 和彦】
【中国】
 前5世紀の孔子が〈怪力乱神〉を語らなかったと《論語》が伝えていることは,中国人の妖怪や霊異などに対する合理的な思考をよく表している。しかし,現実には,近年出土の墓葬文物などからもわかるように,儒家思想が徹底していなかった時代には,死者の魂が昇仙しまた再生するのを守護する,聖なる怪獣がみちみちていた。…

※「化物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化物の関連キーワード窒化ガリウム系半導体レーザー非酸化物系セラミックスメタルハライドランプメタルハイドライド非化学量論的化合物メタルハライドヒドリドイオン窒化ガリウム希ガス化合物ハロゲン化物ナイトライドセラミックモノシラン斗柄もない導束・道束シアン化物カタラーゼ無機化合物風の神送りホスフィン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化物の関連情報