コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規制緩和推進5ヵ年計画 きせいかんわすいしんごかねんけいかく

1件 の用語解説(規制緩和推進5ヵ年計画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

規制緩和推進5ヵ年計画
きせいかんわすいしんごかねんけいかく

官公庁の許認可をはじめ政府が定めている公的規制を緩和するための5ヵ年計画 (1995~99年度) 。細川内閣の設置した「経済改革研究会」が 1993年 12月に提出した最終報告を受け,95年3月に村山内閣閣議決定したもので,情報・通信や雇用・労働,住宅・土地,流通など 12分野1万 91項目の政府規制の緩和をはかるとされている。なお,計画の見直しを進めている政府の「行政改革委員会規制緩和小委員会は,95年 12月,NTTの分割,民間の有料職業紹介人材派遣の原則自由化,持株会社の規制廃止,大規模小売店舗法の見直し,法曹人口の大幅増員など,12分野 53項目の見直しを求める報告書を提出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone