視号通信(読み)シゴウツウシン

精選版 日本国語大辞典の解説

しごう‐つうしん シガウ‥【視号通信】

〘名〙 手旗、単旗、回光通信機、発光通信、対空通信など、直接視覚に訴えて行なう通信法。
※作戦要務令(1939)一「電話、視号通信、音響通信、鳩通信等に在りても〈略〉暗号を使用す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android