コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視黄 しおうvisual yellow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視黄
しおう
visual yellow

光による視紅 (目の網膜の細胞である杆体に含まれる視物質。→ロドプシン ) の分解産物。視紅が光を受けると瞬間的に橙色から黄色に変る。これを視黄といい,視黄はさらに白くなって視白となる。視黄は酸性媒質中で安定,アルカリ性で視白に変化する。ビタミンAの酸化によって生じるレチネンと蛋白質のオプシンが結したものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

視黄の関連キーワード月(衛星)啓蟄立夏入梅立春冬至夏至下弦土用上弦立秋新月月齢立冬満月

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android