コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚千 かくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚千 かくせん

1756-1806 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦6年生まれ。江戸浅草寺の別当代覚邦の弟子。京都元慶寺の亮雄に天台密教をまなぶ。比叡山(ひえいざん)玉泉院住職,山門執行代をへて,寛政11年江戸寛永寺修禅院にうつる。同年法華会(ほっけえ)の講師をつとめた。文化3年5月26日死去。51歳。江戸出身。号は自在金剛。俗姓は土屋。著作に「自在金剛集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚千の関連キーワードマクシミリアン1世ヨーゼフナポリ王国竹田出雲(2代)ブラック七年戦争ブラック(Joseph Black)織田秀綿ビルデルデイクウィレム5世ビルデルダイク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚千の関連情報