親翰(読み)シンカン

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐かん【親翰】

〘名〙 天皇や国王がみずから筆をとって書いた文書。宸翰(しんかん)
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判筆記「例へば朝鮮国王の親翰の如き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android