コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親類縁者 シンルイエンジャ

デジタル大辞泉の解説

しんるい‐えんじゃ【親類縁者】

血筋や組みでつながる人々をまとめていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんるいえんじゃ【親類縁者】

血統や縁組みでつながりのある一族すべて。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の親類縁者の言及

【一族】より

…ただし,こうした一族という表現は,一種の慣用的用法であって,中世の史料の中では必ずしもつねに同じ表現がとられているわけではない。平安時代末,鎌倉時代には,武士団の上述のような性格をもつ近親縁者が〈親類縁者〉と呼ばれ,南北朝・室町時代に入って,ようやく一族という語が広く用いられるようになった。一門惣領制【鈴木 国弘】。…

※「親類縁者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

親類縁者の関連キーワードメルビル(Herman Melville)椀飯振る舞い・椀飯振舞い原爆の実相に書かれた話ブカラム・オルティス節振る舞い・節振舞い内閣総理大臣秘書官【おう】(椀)飯寄る辺・寄る方結婚記念日ノン・カイ大工振舞モーリツ冠婚葬祭犬張り子四門親家建築儀礼後賑はし椀飯振舞家移り身寄り

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親類縁者の関連情報