血筋(読み)ちすじ

精選版 日本国語大辞典「血筋」の解説

ち‐すじ ‥すぢ【血筋】

〘名〙
① 血液が体内を巡る管の道。血の筋道。血管。血脈。〔黒本本節用集(室町)〕
※浄瑠璃・蝉丸(1693頃)一「くっとせき立顔面(かんばせ)にちすぢは真紅の網を張り」
② 先祖代々親から子へ続いた血のつながり。血つづき。血統。
※甲陽軍鑑(17C初)品五五「祖父ちちの脉(チスヂ)をつぎ〈略〉弓矢の積五十六十の者より能仕候」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士「苟(かり)にも武士の血統(チスヂ)を受けた汝(きさま)が」
③ 血のつながった者。血縁者。同族。やから。うから。みうち。
※浄瑠璃・日高川入相花王(1759)三「とっ様助けて下されと、あどない詞を聞く親の、千筋の縄より血筋の涕」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「血筋」の解説

ち‐すじ〔‐すぢ〕【血筋】

血のつながり。血統。また、血縁。「芸術家の血筋」「遠い血筋にあたる人」
人間の体内にある血液の循環する道筋。血管

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android