角川東溟(読み)つのかわ とうめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角川東溟 つのかわ-とうめい

?-? 江戸時代後期の医師。
江戸にでて大槻俊斎にまなび,長崎で西洋医学をおさめ,郷里にもどって陸奥(むつ)遠田(とおだ)郡(宮城県)涌谷館(わくやたて)領主伊達氏につかえる。頼三樹三郎(らい-みきさぶろう),高野長英らともまじわった。通称は朔庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android