コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角斑岩 かくはんがんkeratophyre

岩石学辞典の解説

角斑岩

古い地層のみで記載されており,一般に地向斜の環境でスピライトに伴われて産出する.スピライトよりも酸性の岩石で,石英が含まれ,安山岩から石英安山岩の組成に相当する.安山岩や石英安山岩が二次的に変化したという考えもあり,水の多いマグマからできたという考え方もある.典型的なケラトファイアは,Naに富む長石,石英や二次的な緑泥石,炭酸塩鉱物などの緻密な石基の中に,Na-斜長石あるいはNaに富むアルカリ長石の斑晶を含み,マフィック鉱物に乏しいソーダ粗面岩である[Gümbel : 1874].典型的なものはNaに富むがKに富むものもある.石英の斑晶があるものは石英ケラトファイア(quartz-keratophyre)という.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

角斑岩の関連キーワード斑状変成凝灰岩

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android