コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角斑岩 かくはんがん keratophyre

1件 の用語解説(角斑岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

角斑岩

古い地層のみで記載されており,一般に地向斜の環境でスピライトに伴われて産出する.スピライトよりも酸性の岩石で,石英が含まれ,安山岩から石英安山岩の組成に相当する.安山岩や石英安山岩が二次的に変化したという考えもあり,水の多いマグマからできたという考え方もある.典型的なケラトファイアは,Naに富む長石,石英や二次的な緑泥石,炭酸塩鉱物などの緻密な石基の中に,Na-斜長石あるいはNaに富むアルカリ長石の斑晶を含み,マフィック鉱物に乏しいソーダ粗面岩である[Gümbel : 1874].典型的なものはNaに富むがKに富むものもある.石英の斑晶があるものは石英ケラトファイア(quartz-keratophyre)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角斑岩の関連キーワードオーバーラップ縦谷層位学バンド地層累重の法則表面ミオマグマティック地帯ギルガイナルチキン火成累層

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone