角柄(読み)ツノガラ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 窓や出入口の上の水平枠が垂直枠の外面から突き出た部分。また、垂直枠が下部の水平枠の外面から突き出た部分。
※歌舞伎・四十七石忠矢計(十二時忠臣蔵)(1871)二幕「欄間角(ツノ)がらの書割」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android