コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角膜ヘルペス かくまくヘルペスcorneal herpes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角膜ヘルペス
かくまくヘルペス
corneal herpes

ヘルペス性角膜炎ともいう。ヘルペスウイルス感染による角膜炎。単純ヘルペスと帯状ヘルペスとがあるが,現在では角膜ヘルペスという場合はほとんど前者をさす。単純ヘルペスでは,小水泡ができ,これが破れて特有な樹枝状潰瘍を生じる。一般に角膜の感覚が鈍麻しているのに,眼痛がみられる。浸潤が角膜の表層である初期には,抗ヘルペス剤 (IDU) の点眼で即効がある。帯状ヘルペス (帯状疱疹) では,眼神経の分布領域の皮膚に水泡が群生し,次いで角膜に斑状浸潤を生じる。しばしば,虹彩炎眼筋麻痺,緑内障などを合併する。副腎皮質ホルモン剤の点眼によく反応し,通常は再燃も少い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

角膜ヘルペスの関連キーワード単純ヘルペス角膜炎(角膜ヘルペス)単純ヘルペス結膜炎目の主要な症状角膜混濁内田幸男眼感染症

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角膜ヘルペスの関連情報