再燃(読み)さいねん

精選版 日本国語大辞典「再燃」の解説

さい‐ねん【再燃】

〘名〙
① 消えた火が再びえ出すこと。
② 衰えていた物事や感情が、もう一度盛んになること。また、一時おさまっていた事柄、事件などが再びもちあがること。
※日本政記(1838)一二「賊、則拠白旗之険、以梗官軍、而得其間再燃之計
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「或ひは然うでも為たら、望むやうな恋も再燃(サイネン)するかと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「再燃」の解説

さい‐ねん【再燃】

[名](スル)
消えた火が再び燃えだすこと。
衰えていた物事が勢いを盛り返すこと。「ブームが再燃する」
解決したと思われていた物事が再び問題になること。「後継者争いが再燃する」
治まっていた病状や症状が再び悪化すること。「局所再燃前立腺癌」→緩解かんかい
[類語]再発ぶり返す蒸し返す寝た子を起こす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android