コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再燃 サイネン

デジタル大辞泉の解説

さい‐ねん【再燃】

[名](スル)
消えた火が再び燃えだすこと。
衰えていた物事が勢いを盛り返すこと。「ブームが再燃する」
解決したと思われていた物事が再び問題になること。「後継者争いが再燃する」
治まっていた病状や症状が再び悪化すること。「局所再燃前立腺癌」→緩解(かんかい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいねん【再燃】

( 名 ) スル
一度消えた火がまた燃え出すこと。再燃焼。
一時おさまっていた物事がまた問題になること。 「財政問題が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

再燃の関連キーワード膠原病肺で入院が必要な場合ポリティカル・コレクトネスエルコレ2世[エステ家]黒塚(くろづか)古墳プロアクティブ療法森永ヒ素ミルク事件築地市場の移転計画欧州の政府債務危機米国の債務上限問題森永ヒ素ミルク中毒ラカイン州民族対立ヒデリヒドリ論争ヘイト・クライムインティファーダ自民党新憲法草案バルカン連邦構想水俣病の認定問題新資料集の刊行ユスチヌス2世カチン族と内戦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

再燃の関連情報