コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角膜細菌性感染症 かくまくさいきんせいかんせんしょう

1件 の用語解説(角膜細菌性感染症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角膜細菌性感染症
かくまくさいきんせいかんせんしょう

鉄片などの異物による角膜への外傷やコンタクトレンズ装用によって,角膜上皮細胞やボーマン膜の損傷部に細菌が侵入して発症する。急性に発症し,激しい眼痛を訴え,視力低下を来す。眼瞼はふくれ,結膜には強い充血と浮腫 (ふしゅ) が見られる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角膜細菌性感染症の関連キーワード角膜炎角膜潰瘍自然死ソフトコンタクトレンズ突目雪やこんこベゾア真菌性角膜潰瘍角膜混濁複合性局所疼痛症候群(CRPS)