持病(読み)じびょう

精選版 日本国語大辞典「持病」の解説

じ‐びょう ヂビャウ【持病】

〘名〙
① ひどく悪くはならないが、常時、または周期的に苦しみ悩む病気。身についた、なおりにくい病。宿痾(しゅくあ)痼疾(こしつ)
※玉葉‐仁安元年(1166)一二月二二日「余云、持病発動所忩退出也」
② 転じて、身についた悪いくせ。なかなかなおらない悪習
※評判記・色道大鏡(1678)一四「惣じて女の持病(ヂビャウ)なる嫉妬ありとても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android