持病(読み)ジビョウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐びょう〔ヂビヤウ〕【持病】

なかなか治らず、常に、または時々起こる病気。宿痾(しゅくあ)。痼疾(こしつ)。「持病の神経痛に苦しむ」
身について直らない悪い癖。「持病癇癪(かんしゃく)が出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐びょう ヂビャウ【持病】

〘名〙
① ひどく悪くはならないが、常時、または周期的に苦しみ悩む病気。身についた、なおりにくい病。宿痾(しゅくあ)。痼疾(こしつ)
※玉葉‐仁安元年(1166)一二月二二日「余云、持病発動所忩退出也」
② 転じて、身についた悪いくせ。なかなかなおらない悪習。
※評判記・色道大鏡(1678)一四「惣じて女の持病(ヂビャウ)なる嫉妬ありとても」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android