コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角菱 カクビシ

デジタル大辞泉の解説

かく‐びし【角×菱】

かどがたつこと。また、形式ばってわずらわしいこと。
「人にすれれば世の中も―なく、高い面(つら)もせずに付き合ひもよくなり」〈洒・居続借金〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくびし【角菱】

かどをたてること。かどびし。 「見やる眼も-の、めい〱夫を押隔て/浄瑠璃・廿四孝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

角菱の関連キーワード浄瑠璃