コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃輝緑岩 かくせんきりょくがん proterobase

1件 の用語解説(角閃輝緑岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

角閃輝緑岩

最初にフィヒテル山脈(Fichtelgebirges)のシルル紀の閃緑岩あるいは輝緑岩に与えられた名称で,斜長石,褐色輝石の他に,変質作用による緑色角閃石,黒雲母,少量の石英などの二次生成鉱物が含まれる特徴がある[Gümbel : 1874, 渡辺他 : 1935].変質したドレライト質または玄武岩質の岩石で,初生的な褐色角閃石と紫褐色のオージャイトが特徴で,緑色角閃石が含まれている[Tomkeieff : 1983].この岩石もヒステロベイスなどと同様に,当時の岩石の命名が混乱している.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角閃輝緑岩の関連キーワードウラル山脈思弁哲学フィヒテペニン山脈リヒテル木村素衛一番槍チャルテル山フィッツロイ山フィヒテル岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone