コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解る ヌル

デジタル大辞泉の解説

ぬ・る【解る】

[動ラ下二]髪などがゆるんでほどける。
「たけば―・れたかねば長き妹が髪このころ見ぬに掻き入れつらむか」〈・一二三〉

はつ・る【解る】

[動ラ下二]織った物や編んだ物などが端からとける。ほつれる。
「藤衣―・るる糸はわび人の涙の玉の緒とぞなりける」〈古今・哀傷〉

ほぐ・る【解る】

[動ラ下二]ほぐれる」の文語形。

ほつ・る【解る】

[動ラ下二]ほつれる」の文語形。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつる【解る】

( 動下二 )
〔「はつる(斫)」と同源か〕
織った物や束ねた物の端がほどける。ほつれる。 「 - ・れたる伊予簾をかけて/宇津保 藤原君

ほぐる【解る】

( 動下二 )

ほごる【解る】

( 動下二 )

ほつる【解る】

( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解るの関連情報